読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぼうろく

今だけは 君だけは 夢をもっと見させてよ

32歳になるあなたへ

お誕生日おめでとうございます。

まさかこんなに長い期間安田くんが生まれてきてくれたことをお祝いするなんて、ファンになった当初は思ってもいませんでした。

けれど、今ならきっと言える。

私は一生安田くんのお誕生日を言葉に出して、あるいは心の中で、お祝いし続けるんだろうなあ、と。それくらい安田くんは私に影響を与えてくれた人で、これからも与え続ける人なんだろうと思います。

 

何の気なしに見ていたカウントダウンコンサートで、まさかの本人のアップではなく(笑)先輩の後ろで踊る安田くんに目をつけて、そこから好きになるなんて、なんて変わった堕ち方したんだろうと思います。でも、それは同時に、そのくらい安田くんのダンスが私の心を掴んで離さなかったということで、それくらい踊る姿が大好きです。

(もちろん大前提としでお顔も好きなのでこんなにも長く担当としてる訳だけれど…(笑)) 

どんなにダンスを得意とする方のダンスを見てもこの思いは変わりません。私の中では安田くんのダンスが世界一です。だから、お願いです、もっと踊って下さい!!(笑)

 

安田くんの言葉や思考は私には理解できない世界で生きてるなあ、と思うくらい異次元で、言葉もヘタクソで、今ここで言わなきゃいいのにって思うことも沢山あるけれど(笑)けど、最近はそれさえもすべて受け止めたいと思ってしまう重いヲタクになってしまいました。それに勝る魅力的なものをたくさん持っているから。表現者、という言葉がぴったりなくらい安田くんから創り出されるものにはすべて表情があって、そんな安田くんの才能に心底惚れています。

 

周りを大切に大切に思えるあなただからこそ、本当に真面目に世界で一番幸せになって欲しいと思っています。ならなきゃ私が許さない。自分のしたいことをできる限りでしてください。それが私が見たい「安田章大」だから。まあ、リサイタルでの進行、だいぶ無理なく自然体でやれているなあ、と思ったので心配はしていませんが(何目線)

 

個人的なお話にはなるんだけど、実は来年がわたしがちゃんと「おめでとう」を言い始めて10回目のお誕生日なんですよね。なんかしたいです、個人的に(笑)

 

来年も変わらずおめでとうを言えますように。

健やかで実りある32歳を過ごしてください。

本当におめでとう。大好き。